自分で一棟売りアパートを経営するメリット

加入するには

家族

家賃に悩んだら

日本の不動産事情は大きく変化しています。例えば今メディアでも多く取り上げられているのが「空き家問題」です。新規の不動産建設は順調な日本ですが、郊外や地方では空き家率が上昇しており今後様々な問題を引き起こすのではないかと懸念されています。空き家問題の中には、借家だった家の入居が決まらないなどの問題もあり、相続や家の維持にも深い傷になっているのです。家賃債務保証は今アパートやマンションの制度において、家賃が維持できていない部屋をカバーする制度として機能しています。しかし、空き家の解決の糸口として国土交通省は家賃債務保証の拡充を目指しているのです。これは住宅に入居したい高齢者・外国人・低所得層の方々はなかなか保証人を確保できないという事情があります。家賃債務保証は代理で保証人となる代わりに、家賃回収の代行や家賃立て替え払いを管理者側に支払ってくれます。こうした仕組みは入居する際にハードルを感じる層に家を提供できること、空き家として部屋を寝かしておくしかない方には新しいビジネスチャンスとなります。家賃債務保証は加入を希望する際、加入斡旋の不動産会社に申し出を行うなどの方法で加入できます。近年家賃債務保証会社側が加入説明会を開催している事もあります。こうした説明会は無料で開催されているので、是非活用しましょう。今まで疑問に思っていたことが気軽に相談できます。家賃債務保証は日本の不動産を支える新しいシステムです。