自分で一棟売りアパートを経営するメリット

安定収益の確保方法

模型

保証システムの概要と利点

マンションやアパートを保有し家賃収入を得るというモデルの不動産投資は、比較的安定したリターンを得られるという事で人気を集めている投資です。一度テナントが入居すれば、入居期間中はテナントから家賃収入が継続的に得られるため、投資のモニタリングにかかる手間隙が他の伝統的な投資商品(株式や債券等)に比べて低いという点も人気を集めている要因です。潜在的なリスク要因として、入居者が見つからず家賃収入が得られないという空室リスクが挙げられますが、これも家賃保証システムを活用すればリスクを抑える事が可能です。家賃保証システムは保証会社または不動産業者が提供しているサービスで、その名の通り保有している物件の家賃収入を保証してくれるというものです。家賃保証システムを利用すれば、不動産オーナーは仮に保有物件に空室が出たとしても、家賃保証を提供している業者から毎月一定の収入を得ることが可能になります。但し、一般的に家賃保証は市場の家賃水準よりも1割から2割程度低い水準に設定されることが一般的です。これは家賃保証システムは不動産投資における空室リスクを保証提供会社に転嫁するものであるため、その対価として家賃の1割ないし2割相当の金額を保証提供会社に支払う必要があるためです。家賃保証の期間は契約によって異なりますが、1年から2年間といった比較的短期間のものから、10年以上の長期契約まで様々なタイプがあります。