自分で一棟売りアパートを経営するメリット

自分で経営する魅力

アパート

部屋数が少なければ可能

一棟売りアパートを活用して不動産投資をするときには自分で経営することも不可能ではありません。不動産仲介会社に依頼をして入居者募集だけは行ってもらわないと入居者を広く集めるのは難しいでしょう。しかし、仲介だけ依頼してしまえば残りの業務については部屋数が少ないために一棟売りアパートであれば自分で経営していくという選択肢を選ぶことができます。管理会社に業務委託をする費用を削減して経営できるため、一棟売りアパートへの投資による収入が飛躍的に増大するでしょう。管理委託には家賃収入の5%から10%程度を必要とすることが多いので、毎月一部屋分前後の収入がなくなってしまうことになるからです。不動産投資で業務委託が広く行われるようになっているのは経営負担が大きいからですが、一棟売りアパートの場合には入居者全員を把握することは難しくはありません。よくコミュニケーションを取って経営することにより、長い付き合いをしていくこともできるでしょう。修繕に関しても自分の目で見て判断できる程度の規模なのが一棟売りアパートのメリットであり、経営を本業として行うことを決めれば比較的容易に修繕対策も行っていくことが可能です。特に定年退職をして仕事がなくなってから、一棟売りアパートの経営をするという考え方で運用を進めていくのは良い選択肢の一つでしょう。老後の生活を仕事と収入の二つの面から充実させることができる方法になります。

安定収益の確保方法

不動産投資における空室リスクを抑えるために利用できるものとして、家賃保証システムがあります。家賃保証システムは家賃の1割から2割相当の金額を業者に支払う必要はありますが、加入していると万が一保有物件に空室が生じた際でも、保証会社から家賃収入の保証を受けることが可能です。

様々な情報の活用

大阪には分譲マンションや一棟マンションなど、様々な収益物件があります。収益物件ビジネスは様々なデータを駆使して、利益率を推測することが大切です。大阪は観光客がとても多くて、とても活気があります。より活性化する地域は、収益物件に対する需要も高いです。

加入するには

家賃債務保証は日本の不動産事情を支える新しいシステムです。空き家問題の解決もアシストすると言われており、需要の拡大が見込まれています。もしも活用が気になったら、是非無料相談会などを活用してみましょう。